便秘 食べ物

便秘に効果がある
食べ物や飲み物TOP5

白米

NHKの“ためしてガッテン”で紹介されたのが、この『白米』
便秘の人は腸内に溜まっている便の水分がどんどん失われ、便が硬くなって排便困難になっているケースが多いです。

 

便秘解消のためには水分は欠かせませんが、実は水分を摂取して大腸に達する前に吸収されてしまい、便秘解消の効果は期待できません。

 

しかし、白米は水分を保ったまま大腸に達するため、便を柔らかくして排便を促してくれます。

 

オリーブオイル

TBS系“金スマ”など、他にもいくつかの番組で紹介されているオリーブオイル。
美容にも効果的なオリーブオイルが
腸の潤滑油の代わりになり、便のスムーズな排出を促してくれます。

 

オリーブオイル以外の油でも便秘解消の効果はありますが、健康のことを考えると亜麻仁油やえごま油などを選ぶのも良いでしょう。

 

干し柿

TBS系“ジョブチューン”で紹介された干し柿には食物繊維がたくさん含まれています。

 

便秘解消に必要な栄養素は何といっても食物繊維で、便の量を増やし大腸のぜん動運動を促進する役割があります。

 

食物繊維の一日の推奨摂取量は成人で一日に20g前後ですが、干し柿100gには14g(普通の柿100gには食物繊維が1.6gしか含まれていません)もの食物繊維が含まれていて、その量は青果類の中ではトップクラス!

 

ちょっと甘いものが欲しいなぁ〜という時のおやつにぴったりですね♪

 

はちみつ牛乳

テレビ東京系“ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?”で紹介されたのが『はちみつ牛乳』

 

まず牛乳には「腸の善玉菌を増やしてくれる乳糖やオリゴ糖」が含まれているものがあり、腸内環境をよくしてくれます。
また、腸のぜん動運動を活発にしてくれる役割もあり、牛乳だけで便秘が解消する人も多いです。

 

さらにはちみつに含まれているグルコン酸という成分が牛乳と同様の作用があるため、
ダブルの便秘撃退効果が期待できますね。

 

ビール

TBS系“ジョブチューン”で紹介されたのを見た時は、思わず「えっ!?ビール?」とテレビに向かって問いかけてしまったくらい意外でした。

 

ビールを飲むと、胃から分泌される
ガストリンというホルモンが胃腸の働きを活発にしてくれて消化を促してくれること、
またビール酵母に含まれている食物繊維も便秘解消の役割を担ってくれます。

 

ただし飲みすぎると肝臓が壊れます!(笑)
便秘解消が目的なら中瓶一本程度で十分。

 

日本人に多い便秘の理由

上のランキング内の説明でもたびたび出てきた“ぜん動運動”(便を押し出す腸の動き)が活発ならば便秘にはなりません。

 

しかし日頃からの運動不足や加齢、無理なダイエットなどで全身の筋肉量が落ち排便する力が弱くなって起こるのが弛緩(しかん)性便秘。

 

日本人の大半が、この弛緩性便秘です…。

 

その他にも、肉類の食べ過ぎや食物繊維不足など食生活の乱れが原因で便秘の症状が出ている人も多いですね。

 

下剤で無理に出すと体に大きな負担がかかってしまうので、まずは食べ物と飲み物を見直すことから始めましょう。

関連ページ

便秘薬が効かない理由と対処法
便秘になったらいつもコーラックやビオフェルミンを飲んでいる。最初は効いていたけどだんだん効果が薄くなって遂に効かなくなってしまった…。その理由とそんな時の正しい対処法を説明していきます。
便秘に効くツボ
便秘が解消するツボってどこ?頭、お腹、腰、おしり、足裏にある便秘に効くツボを紹介していきます。ツボの位置だけでなく『効果的な押し方』も説明するので参考にしてくださいね。
便秘の原因と正しい解消方法
便秘を解消したいのなら、まずは便秘の原因を知った上で正しいやり方で対処するのが一番手っ取り早いです。日本人に多い便秘の原因を3タイプに分けて正しい対処方法をそれぞれ説明していきます。