便秘 ツボ

便秘改善はこのツボがおすすめ

私たちの体には360個ほどのツボがありますが、そのうち便秘改善の効果が期待できるものがいくつかあります。

 

ここでは部位別にそのツボを紹介していきます。

百会(ひゃくえ)

両耳の穴から頭頂部へ上がった直線上、鼻の一番高い位置から頭頂部に向けて上がった直線上で交わる部分にあります。

 

自律神経の働きを整え、副交感神経が持つ
腸のぜん動運動を促進してくれるため便秘改善につながります。

 

万能のツボ”ともいわれていて、便秘以外にも体の不調を改善してくれます。

風池(ふうち)

耳の後ろにある骨から2cmほど左右の外側、生え際よりも少し上にあり、百会と同じく
自律神経の働きを整えてくれる作用があります。

 

頭のツボの押しかた

両手の中指で
“3秒刺激→3秒離す”を繰り返します。
少し痛いと感じるくらいが◎

お腹

大巨(だいこ)

おへそからやや下、指3本分左右へいった場所にあります。
便秘の人は硬くなっているので、とてもわかりやすいツボですね。

 

両手の人差し指と中指を重ねて片側ずつ刺激します。

天枢(てんすう)

おへその両側に指の3本分外側にあります。
内臓機能を高める作用があり、他の部位にあるツボよりも即効性があります。

 

両手の中指、人差し指、薬指3本で同時に左右を刺激します。

三焦兪(さんしょうゆ)

骨盤の上の端、背骨から指の幅2本分外へ、また指の幅5本分ほど上に行った場所にあります。

 

胃腸の調子を整える作用とホルモンバランスを整える作用があります。

脾兪(ひゆ)

背骨から指2本分外側、指4本分上にあります。

 

「脾」とは胃や十二指腸など消化器官全般を指し、便秘解消効果だけでなく下痢にも効果が期待できます。

便秘点(べんぴてん)

肋骨の一番下の骨から指2本分ほど下、背骨からは指4本分ほど離れた左右にあります。

 

腸に近い部位で刺激をすれば即効性が期待できるので、一番最初に刺激をしたいです。

 

腰のツボの押しかた

上で紹介したツボは比較的自分でも刺激をしやすい部位にありますが、誰かに協力してもらい刺激をする、もしくは硬式テニスボールやゴルフボールで強めに押すと効果的です。

おしり

承扶(しょうふ)

お尻と太ももの境目にあります。
便秘解消だけでなく、ヒップアップ効果もあるツボです。

 

「5秒ほど刺激してから緩める」これを5分ほど繰り返します。

足裏

湧泉(ゆうせん)

足裏中央より上にあるへこんだ部分にあります。
(便秘の人は硬くなっているので見つけやすい)

 

両手の親指でゆっくりグリグリと押し回し、離します。
これを3分程度繰り返します。

関連ページ

便秘薬が効かない理由と対処法
便秘になったらいつもコーラックやビオフェルミンを飲んでいる。最初は効いていたけどだんだん効果が薄くなって遂に効かなくなってしまった…。その理由とそんな時の正しい対処法を説明していきます。
便秘に効く食べ物・飲み物
テレビや雑誌でも取り上げられている『便秘に効く食べ物や飲み物』を人気順にランキング形式で紹介していきます。えっ?そんなものも便秘に効くの!?という発見がきっとあるハズ!
便秘の原因と正しい解消方法
便秘を解消したいのなら、まずは便秘の原因を知った上で正しいやり方で対処するのが一番手っ取り早いです。日本人に多い便秘の原因を3タイプに分けて正しい対処方法をそれぞれ説明していきます。