冷やご飯ダイエット

数多くのテレビでも紹介された冷ご飯ダイエット

冷ご飯ダイエットは「あのニュースで得する人損する人」「ヒルナンデス」「ほんまでっかTV」「世界一受けたい授業」などいくつものテレビ番組や雑誌でも紹介されるほど、今注目のダイエット方法の一つです。

 

「あのニュースで得する人損する人」ではタレントの春香クリスティーンさんが一週間、冷ご飯をはじめとした冷たい炭水化物を摂るダイエットに挑戦し、1.8kgのダイエットに成功しています。
1日の食事で1食を冷たい炭水化物に変え、デザートで栗ようかんを食べるなど、苦痛を感じることなく痩せることができました。

冷ご飯ダイエットで痩せられる理由

暖かいご飯の“でんぷん”が冷めて冷ご飯になる過程で“レジスタント(消化されにくい)スターチ(でんぷん)”に再結晶して作られます。
レジスタントスターチは胃や小腸で吸収されにくいという特徴があるため、そのままお腹にとどまってくれて食べ過ぎを防ぐことができます。

 

また、そのカロリーも暖かいご飯のでんぷんの半分なので、同量の温かいご飯よりも太りにくいのが特徴です。

 

さらにレジスタントスターチは大腸まで届くと腸内細菌の働きによって有機酸に変わります。
これが善玉菌の数を増やして腸内環境をよくしてくれる役割があり、便秘解消にもつながりダイエットの効果へとつながる訳なんですね。

冷ご飯ダイエット、こんな方法がおすすめ

冷たいご飯と言っても凍らせたり、冷蔵庫でキンキンに冷やす必要はありません。

 

実際に触って熱くないと感じる程度で十分で、例えばおにぎりでもよし、またカレーライスで食べる人もいます。

 

また冷たい炭水化物という点では冷やし中華や冷やしうどん、冷製パスタという方法や、料理レシピサイトでは冷ご飯を使ったリゾットも紹介されています。

 

さらにお弁当という方法もあります。
実際にこれまで外食や社員食堂で暖かいごはんを食べていた人がお弁当にして痩せたという話もありますが、とにかくゆっくりとよく噛んで食べることを意識しましょう。

冷ご飯ダイエットのデメリットと注意点

冷ご飯ダイエットは頑張り過ぎると体を冷やしてしまうというデメリットがあります。体が冷えると代謝が悪くなってしまい、体はさらに脂肪をため込んでしまうため、1日3食も冷ご飯にする必要はなく、上で説明したように1日1食で十分です。

 

注意点としては暖かいご飯を触って熱くないと感じる程度まで冷やすため、冷蔵庫ではなく室温で冷ましましょう。また冷ご飯を再加熱するとレジスタントスターチが壊れてしまうので、あくまでも冷めた状態で食べましょう。

関連ページ

寒天ダイエット
寒天だけならカロリーはゼロ、そして食物繊維が豊富に含まれた寒天はまさにダイエットにうってつけの食材です。スーパーやコンビニでも手軽に入手できる寒天をどのように使ってダイエットを始めたらいいのか、ここでは紹介します。
ところてんダイエット
成分の99%が水でできている“ところてん”を使ったダイエットは早く効果が出て、気軽に始めやすいのがメリット。ただ、方法を間違えると体を壊す原因にも・・。ここではところてんを使った正しく効果的なダイエット方法について紹介します。
餃子ダイエット
お肉がたくさん入っていることから、痩せたい人にとっては“食べてはいけないもの”の一つのように思えてしまう餃子も、実は低カロリーでダイエット中の食事には最適です。ここでは“餃子ダイエット”で最大の効果を出すために、どのように進めていけばいいかを紹介します。
トマトダイエット
2012年に京都大学でトマトに脂肪を分解する成分が含まれていることが発見されてから“トマトダイエット”が注目されるようになりました。美容成分も豊富に含まれていて健康的にキレイに痩せることができる、トマトダイエットの方法や注意点について紹介します。
サラダチキンダイエット
ダイエット方法は数多くありますが、低カロリーで味の種類も豊富なサラダチキンダイエットは飽きる心配がなく、長く続けることができます。ここではコンビニで買えるサラダチキンを利用したダイエットでその効果を120%出す方法を紹介します。
腸活ダイエット
「暴飲暴食をしているわけでもないのに、以前よりも体重が増えた」「便秘や肌荒れがひどい」と悩んでいる人は、もしかすると腸の中の環境が悪くなっている可能性が高いです。このような人も“腸活ダイエット”で腸の中から綺麗になれば、美容と健康にうれしい効果がいくつも期待できます。ここではその方法を見ていきましょう。
食べ順ダイエット
あまりにもお腹が空いていると、ご飯やお肉ガツガツと食べ始めてしまうという人は少なくありません。しかしその食べ方が太る原因になっている可能性があります。ここでは食べ順を意識して痩せる方法を紹介します。
こんにゃくダイエット
ダイエット方法は数多くあれども“こんにゃくダイエット”は味がシンプル過ぎて続けられるか不安になってしまいます。しかしその効果は他の方法と比べても高く、テレビ番組でも頻繁に取り上げられています。ここではそんなこんにゃくダイエットのやり方と注意したいことを紹介します。
温野菜ダイエット
ダイエット方法は数多くあれども、同じものばかりを食べ続けるダイエットはどうしても飽きてしまいます。しかし色々な野菜を食べることができる温野菜ダイエットなら長く続けることができます。実際に痩せた人が続出している温野菜ダイエット、どのように進めればいいのかをここでは紹介します。
MEC食ダイエット
ダイエットで辛いことの一つは“すぐにお腹が空いてしまう”こと。“MEC食ダイエット”は肉、卵、チーズを食べたい時にいつ食べてもいいという、夢のようなダイエット方法です。ここでは実際に効果が出た人がたくさんいる、MEC食ダイエットの方法と注意点について紹介します。
黒酢ダイエット
食事は普段通りに。そして合わせて飲むだけでダイエットや美肌効果など、健康にうれしい効果がいくつも期待できる黒酢ダイエットは近年とても注目されています。「試したいけど黒酢は苦手」という人も多いのでは?ここでは黒酢を美味しく飲む方法と注意点を紹介します。