浮腫み 食べ物

浮腫み(むくみ)に良い食べ物、むくみ予防と解消に!

浮腫みに良い食べ物とは何でしょうか?

 

具体的にどんなものを食べればいいのか?
また、浮腫みが解消するメカニズムも一緒に紹介していきます。

カリウムが多い食べ物
  • バナナ
  • アボカド
  • ほうれん草
  • 赤ワイン
  • トマトジュース

カリウムは体内にあるミネラルの一種で、ナトリウムと一緒に血圧や細胞の浸透圧を調整しています。

 

塩分の取りすぎでナトリウムの濃度が高くなると、それを薄めようとカリウムが働き出します。
ここで、もしカリウムが不足していると、ナトリウム濃度を下げるために、次は体内の水分を集めてきます。
この「水分の集まり」が浮腫みとして出るんですね。

 

現代の食生活では、ナトリウムの過剰摂取、カリウム不足が問題にされています。
外食やコンビニ弁当は塩分が高いので、普段から食生活に気を配っていない人は、カリウムの多い食べ物を積極的にとるようにしたいですね。
ただし、過剰摂取するのはダメです!適量を守りましょう。

 

クエン酸が多い食べ物
  • レモン
  • 梅干し
  • キウイ

クエン酸というと「疲労回復」と、昔から言われていましたが、実はむくみにも効果があります。

 

クエン酸には血行を良くし、代謝を促進する作用があります。
血流が良くなるとむくみにくい体に変化しやすく、冷え症も改善します。

 

ビタミンEが多い食べ物
  • かぼちゃ
  • アーモンド
  • いくら

これらのビタミンEが多い食べ物は、血行を促進する働きがあります。

 

血行不良はむくみの原因の一つ、静脈の流れが滞り余分な水分をためこみおこってしまうのがむくみ。
ビタミンEを摂る事によって、
血行不良が改善し「むくみ」の改善・予防にも繋がります。

知らずに食べている?
むくみの原因となる食べ物

むくみの予防、解消になる食べ物もある一方で、むくみの原因となってしまう食べ物もあります。

 

一番にあげられるのが、塩分の多い食べものです。

  • インスタントラーメン、漬物
  • ベーコンなどの加工食品

2で紹介した“クエン酸を多く含む梅干し”も、食べすぎると塩分の取りすぎになるので、注意が必要です!(何事もバランスが大切)

 

また、ワインをがぶ飲みするのもNGです。
アルコールは血管を広げ血流をゆっくりにするため、むくみの原因となります。

 

お酒のアテもできるだけ薄味のものを選ぶようにしてくださいね。

関連ページ

むくみの原因と解消法
足、顔、手、同じむくみと言っても場所によって原因が変わってきます。それぞれの原因と効果的な解消方法について詳しく説明します。
むくみとり漢方の効果・効能
女性の86%以上が悩んでいる「むくみ」。そんな「むくみ」を解消する『むくみとり漢方』について、どんな生薬のどんな効能が「むくみ」に作用するのか?を詳しく説明していきます。
病気かもしれない「むくみ」の症状
むくみの主な原因は食生活や運動不足などですが、中には病気の初期症状の可能性もあります。手遅れになる前に、このページで自分のむくみ症状は大丈夫かどうか?を確認しておきましょう。