むくみとり 漢方

むくみで悩んでいる人は
漢方薬が効果的!

「夕方になるとむくんで靴がキツイ!」
「朝起きると顔がパンパンに…」

女性の8割以上が悩んでいる”むくみ”。
実は漢方薬が、むくみ解消の手助けをしてくれます。

 

漢方薬はいくつもの生薬を組み合わせて作られており、ひとつの漢方薬で“むくみ”を始めとした色々な効能があります。

 

ここではむくみとりに効果のある生薬と、その生薬を配合している漢方薬の種類について詳しく説明していきます。

むくみ解消効果のある生薬

■ 発汗作用がある生薬
  • 防風(ボウフウ)
  • 麻黄(マオウ)
  • 薄荷(ハッカ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 荊芥(ケイガイ)

生姜薄荷は、なじみのある名前ですね。
むくみは静脈やリンパがスムーズに流れずに、体に水分がたまって起こるもの。

 

汗をかくことで水分を体外に出すだけではなく、体が温まるので循環が良くなり
余分な水分が体内にたまらなくなります。

■ 利尿作用がある生薬
  • 茵ちん蒿(インチンコウ)
  • 桔梗(キキョウ)
  • 滑石(カッセキ)
  • 茴香(ウイキョウ)
  • 羌活(キョウカツ)
  • 黄耆(おうぎ)

発汗作用と同じく、体内にたまった水分・老廃物を排出するのでむくみ解消に繋がります。

むくみとり効果がある漢方薬

むくみ解消効果のある生薬を紹介してきましたが、では実際にどんな漢方薬を飲めばいいのでしょう。

 

生薬や漢方の名前は難しい漢字が多く、どれが一番効くのかを調べるのも一苦労…。
むくみ解消効果が高い漢方薬を3つ厳選して紹介していきます。

防風通聖散
(ぼうふうつうしょうさん)

体内の水分循環を改善してくれるので、むくみ解消効果がかなり高い漢方薬。
防風、麻黄、薄荷、荊芥が配合されているので、発汗作用もバッチリです。

 

また、水分代謝効果のたかい桔梗と滑石も配合、利尿作用も期待されます。

 

防風通聖散は「実証」向けの漢方、これは体力の充実している人向けという意味。
具体的この漢方薬が向いているのは、体力がありお腹の脂肪が多い肥満タイプ(いわゆる太鼓腹)で、むくみや便秘で悩んでいる人に特におすすめです。
⇒ どの防風通聖散がいいかチェック

 

防已黄耆湯
(ぼういおうぎとう)

消化吸収を助けながら体の余分な水分を取り除き、代謝を促してくれる漢方薬です。
余分な水分を排出する作用の「黄耆」配合なのでむくみ解消に効果的。

 

ぽっちゃり体型、胃腸が弱くて下痢気味の人、水太りの人に向いています。

 

猪苓湯(ちょれいとう)

一般的には残尿感、排尿の痛みなどの尿のトラブルに使われることが多い漢方薬。
尿のトラブルで水分排出が上手くいかず、むくみを感じるという人もかなり多いんです…。

 

猪苓湯は尿の量を増やす「滑石」を配合しているので、利尿効果が高くむくみ解消に繋がります。
最近尿が出にくい、体もむくんでいる、という人にオススメです。

関連ページ

むくみの原因と解消法
足、顔、手、同じむくみと言っても場所によって原因が変わってきます。それぞれの原因と効果的な解消方法について詳しく説明します。
病気かもしれない「むくみ」の症状
むくみの主な原因は食生活や運動不足などですが、中には病気の初期症状の可能性もあります。手遅れになる前に、このページで自分のむくみ症状は大丈夫かどうか?を確認しておきましょう。
むくみに良い食べ物・悪い食べ物
つらいむくみの解消に、適度な運動も必要ですが食生活の改善も大切です。ここでは浮腫みに良い食べ物と飲み物、むくみやすくなる食べ物を紹介します。